海外事業

ホーム  海外事業  アフリカ(南側)地域  コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国

Democratic Republic of the Congo

国旗 首都:キンシャサ
人口:7,727万人(2015年現在)
面積:234.5万km²
言語:フランス語、キコンゴ語他
宗教:キリスト教、イスラム教

紹介

コンゴ民主共和国は中部アフリカに位置する。西にコンゴ共和国、北にスーダン、中央アフリカ共和国、東にブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、南にアンゴラとザンビアがあり、タンガニカ湖(Lake Tanganyika)を挟んでタンザニアと隣接する。1997年まではザイール共和国と呼ばれていた。気候は熱帯性気候。1960年にベルギーから独立後長い間コンゴ動乱、内戦、近隣諸国を巻き込む国際紛争が起こり、政治的に不安定な時期が続いてきた。2006年に国民議会選挙が実施され新憲法が発効された。鉱物資源に恵まれており、コバルト、銅、カドミウム、ダイヤモンド、金、銀等が豊富にある鉱産資源国である。またギニア湾沖には海底油田を擁している。これらの資源を基に経済の建て直しが課題となっている。 写真

わが社の業績

これまでに首都キンシャサで2件の工事を竣工させました。1件は、増大する域内人口に対して配水量の増加を図るために既設のンガリエマ浄水場内に新たに浄水場を増設する工事、もう1件は、質の高い職業訓練を提供するために国立職業訓練校を新設する工事です。
現在は東部地域において「カタンガ州ルブンバシ市国立職業訓練校整備計画」を施工しています。この職業訓練校は国内最大規模ではあるものの、施設・機材の老朽化や収容規模の限界より拡充・整備が必要となっていました。人材育成機能の強化を図ることで、内戦時の元兵士や避難民を含む地域住民の社会復帰、就業支援の促進が期待されています。


工事件名

工事内容

施工年
カタンガ州ルブンバシ市国立職業訓練校整備計画 職業訓練施設の新設・整備
鉄筋コンクリート造、4階建て
延床面積:5,455m²
構築面積:1,978m²
2017-2020
キンシャサ特別州国立職業訓練校整備計画 訓練等・管理等・付属棟の建設 2013-2014
キンシャサ市ンガリエマ浄水場拡張計画(JV) 取水施設:取水管ø1,000、325m、 取水ポンプ室:RC、2階建て、430m²、取水ポンプ:5基;着水井、沈殿池:傾斜板式凝集沈殿池;急速ろ過池、浄水池、送水ポンプ2基、場内配管1式、管理事務所 2010-2012
海外事業