海外事業

ホーム  海外事業  大洋州地域  パプアニューギニア独立国

パプアニューギニア独立国

Independent State of Papua New Guinea

国旗 首都:ポートモレスビー
人口:761.9万人(2015年現在)
面積:462,000km²
言語:英語、ピジン語、モツ語
宗教:キリスト教、伝統的宗教

紹介

地形が起伏に富んでおり、気候も熱帯に属するため畑作には適していないが、ヤシ栽培には適しているため、工業もヤシを中心に形成されている。険しい山岳地帯、湿地帯に阻まれて部族間の交渉が少なかったこともあり、小さなコミュニティ毎の独自文化・言語の発達が進んだ。そのため、人口600万人に対して言語の数は800以上にのぼる。 写真
人々

わが社の業績

これまでに給水施設、市場などの整備・改修工事を施工しています。 2016年4月より施工している「ポートモレスビー上下水道整備計画」は当社にとって本邦技術活用条件(STEP)を適用した初めての円借款案件で、市沿岸部の下水道施設を整備することで下水道サービスの提供や沿岸海域への汚水流出の抑制を目指しています。 また、同年9月には「ニューブリテン国道橋梁架け替え計画」を受注し、老朽化で十分な交通機能を果たしていない二橋梁の架け替えにより周辺地域の物流改善などの効果が期待されています。


工事件名

工事内容

施工年
ニューブリテン国道橋梁架け替え計画 二橋梁の新設
・カピウラ橋:橋長約140m、3径間連続鈑桁
・アウム橋:橋長約80m、2径間連続鈑桁
2016-2019
ポートモレスビー上水道整備計画 下水幹線配管:12.4km
下水枝線配管:13.2km
中継ポンプ場 改修6か所、新設7か所
下水処理場 処理能力 18,400m³/日, 海中放流管配管:HDPE管 900m
2016-2019
マダン市場改修計画 市場棟、氷貯蔵、販売所の建設 2014-2015
地方都市給水計画 ローレンガウ:取水施設、導水施設:鋼管:200mm、約1.14km、配水池:1,600m³、2基、配水施設:PVC50〜200mm
ゴロカ:道水路:ø1,200mm、
手動制水扉:幅1.2mx高さ2.5m、
着水・混和池の新設:10,000m³/日、配水施設:PVC ø80〜300mm、他
2001-2003
地方部地下水開発・給水計画調査に伴うパイロット工事 ベレーナ:ソーラシステム、ポンプ小屋:30m²、フェンス及びゲート:コンクリートブロックフェンス、高架鋼製タンク:80m³、PVC配管:3.3km、公共水栓:8:クリケラ:ポンプ小屋:30m²、地上式鋼製タンク:60m³、PVC管:3.8km、公共水栓:3、既設管補修:ムチン:デイーゼル発電設置他 2001
ポートモレスビー上水道整備計画 ダクタイル鋳鉄管施設、水管橋(スパン):20m、水路延長(上水道:9,600m、河川横断:37.73m 1994-1996
海外事業