海外事業

ホーム  海外事業  大洋州地域  ツバル

ツバル

Tuvalu

国旗 首都:フナフティ
人口:1.2万人(2010年現在)
面積:26km²
言語:ツバル語、英語
宗教:キリスト教(ツバル教会)

紹介

ツバルは9つの珊瑚島からなる小さな島国で、面積は東京都新島とほぼ同じです。
1978年10月にキリバス・ギルバート諸島から分離し独立しました。熱帯の海洋性気候で1年を通じて28度から31度の気温です。通貨はオーストラリアドルが使用されています。将来、地球温暖化で海面が実際に上昇したら、最初に沈む国と言われて有名になっています。
写真
Tuは「立ち上がる」、Valuは「8」という意味。
8つの部族が国を立ち上げたことからTuvaluという名前になりました。現在ツバルは9つの環礁から成っています。

わが社の業績

1989年に首都フナフティでの漁村開発工事を皮切りにバイツブ島での漁港、中高等学校、またフナフティでの病院、発電所の建設工事など、当国の発展に寄与する重要なインフラ整備に貢献しています。水を除くほとんど全ての建設資材を輸入に頼る当国での工事は困難を極めますが、地道に解決して工事を完成してきました。


工事件名

工事内容

施工年
中波ラジオ放送網防災整備計画 敷地面積:1,225m²、 延床面積:372m²、 建築面積:372m²、 放送局舎:延床面積:336m²、RC 2010-2011
フナフチ港改善計画 L型桟橋施設:基礎構造 延長80.0m×幅16.0m、
上部構造:鉄筋コンクリート造、延長50.0m×幅12.0m
連絡橋、漁船用階段、護岸整備、ヤード整備、航路標識他
2007-2009
フナフティ環礁電力供給施設整備計画 敷地面積:5,900m²、発電室:768m²、RCS 2階建 2005-2006
プリンセス・マーガレット病院建設計画 敷地面積:4,498m² 延床面積:2,465m²
7棟(外来病棟・入院病棟・事務棟等)
2002-2003
モトフォウア中等教育施設拡充計画 敷地面積:107,295m² 各種教室拡充 付帯工事一式 1996-1998
漁港災害復旧計画 重力式防波堤整備他 付帯工事一式 1996-1997
漁村開発計画第4期 捨石式防波堤整備他 付帯工事一式 1991-1992
漁村開発計画 水産センター、スリップウェイ整備他 1989-1990
海外事業