海外事業

ホーム  海外事業  アフリカ(北側)地域  南スーダン共和国

南スーダン共和国

Republic of South Sudan

国旗 首都:ジュバ
人口:1,234万人(2015年現在)
面積:64万km²
言語:英語(公用語)、その他部族語
宗教:キリスト教、伝統宗教

紹介

南スーダン共和国は北アフリカに位置する内陸国で、北にスーダン、東にエチオピア、ケニア、ウガンダ、西にコンゴ民主共和国、中央アフリカと国境を接する。南北に白ナイル川が流れ、スッドと呼ばれる大湿地帯、熱帯雨林や草原地帯などがあり、野生動物の宝庫となっている。1956年に北部、南部が統一してスーダン共和国として独立したが、内戦が勃発。度重なる内戦の末、2002年に南北和平交渉が成立し、2011年の住民投票の結果、同年7月に、アフリカ大陸54番目の国家としてスーダン共和国から分離独立を果たした。内戦により、未整備の道路が多く、インフラがほとんど整っていない。 写真
独立行政法人国際協力機構による政府開発援助案件

写真
独立行政法人国際協力機構による政府開発援助案件

わが社の業績

2013年に「ナイル橋梁建設計画」、「ジュバ市水供給改善計画」を着工しました。南スーダン分離独立後の生活環境の改善や経済活動の発展に向けて、市民の大きな期待を受けた事業でしたが、工事の約半分が進み、さらに「ジュバ河川港拡充計画」を契約した直後の2016年7月に治安情勢が悪化し、日本人を含む工事関係者は国外退避となりました。現在(2017年6月)も工事は一時中止の状態が続いています。


工事件名

工事内容

施工年
ジュバ河川港拡充計画 土木工事:杭式桟橋170 m, 荷役ヤード、インターロッキング 12,500 m2
建築工事:事務管理棟 RC 2階建て、576 m2
倉庫兼修理棟 S 一部2階建て、1,688 m2
2016-2017
ナイル架橋建設計画 橋梁建設:560m 2013-2016
ジュバ市水供給改善計画 ジュバ市内の上水道施設整備
送水パイプライン:4,983m
給水車給水ポイント8箇所設置
公共水道120箇所設置
2013-2015
海外事業